【最新刊】ねずみとり

ねずみとり

アガサ・クリスティー 翻訳:鳴海四郎

471円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    若夫婦の山荘に、大雪をついて五人の泊り客、そして一人の刑事がやってきた。折しも、ラジオから凄惨な殺人のニュースが流れる。やがて不気味に緊張感がたかまり、舞台は暗転した!マザー・グースのしらべにのって展開する、スリリングな罠。演劇史上類をみないロングランをほこるミステリ劇。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/05/04
    連載誌/レーベル
    クリスティー文庫
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2019/01/26Posted by ブクログ

      アガサクリスティーがミステリーの女王と言われる理由は、ミステリーとしての組み立ての見事さはもちろんだと思うのですが、英国文化にあまり詳しくない私でも登場人物のキャラクターがきちんと判別出来る、関係性を...

      続きを読む
    • 2009/10/23Posted by ブクログ

      吹雪の山荘に閉じ込められたロッジの客たち。殺害された婦人の過去。吹雪の中事件解決のため山荘を訪れた刑事に隠された秘密。

       2009年10月22日読了

    • 2012/11/03Posted by ブクログ

      僕が最初に触れたミステリは、『シャーロック・ホームズ』と、『そして誰もいなくなった』だと思う。

      ミステリ界の巨人と言えば、コナン・ドイルとアガサ・クリスティ。

      そのクリスティの傑作戯曲と言えば、な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード