【最新刊】牧師館の殺人

牧師館の殺人

アガサ・クリスティー 翻訳:羽田詩津子

838円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    嫌われ者の老退役大佐が殺された。しかも現場が村の牧師館の書斎だったから、ふだんは静かなセント・メアリ・ミード村は大騒ぎ。やがて若い画家が自首し、誰もが事件は解決と思った……だが、鋭い観察力と深い洞察力を持った老婦人、ミス・マープルだけは別だった!ミス・マープルの長篇初登場作。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/05/04
    連載誌/レーベル
    クリスティー文庫
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューコメント(16件)
    • 牧師館の殺人
      2016/04/16

      なんだかミス・マープル脇役なのかな?
      あれれ?って思いましたw
      けれどそれがいいですよね!
      最後に全部持っていく感じ!!
      そんなこと知ってた!的な!
      ミス・マープル村人から少し不気味に思われててなんか...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 牧師館の殺人
      2018/10/25

      てっきり作家の甥視点で話が進むと思っていたけど、最後までずっと牧師さん視点だったから新鮮だった。牧師さんとても好印象なんだけど、この後のシリーズはまた視点が変わるのかなあ。

      Posted by ブクログ
    • 牧師館の殺人
      2013/10/27
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード