スタイルズ荘の怪事件

アガサ・クリスティー 翻訳:矢沢聖子

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    旧友の招きでスタイルズ荘を訪れたヘイスティングズは到着早々事件に巻き込まれた。屋敷の女主人が毒殺されたのだ。調査に乗り出すのは、ヘイスティングズの親友で、ベルギーから亡命したエルキュール・ポアロだった。不朽の名探偵の出発点となった著者の記念すべきデビュー作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      エルキュール・ポアロ登場。
      アガサ・クリスティの処女作。
      既に上手いもんですね~!
      歴史に残る名作です。

      疾病休暇中のヘイスティングズは、30歳。子どもの頃に泊まったことのあるスタイルズ荘に招かれる...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      エルキュール・ポアロが初登場する、アガサ・クリスティーが初めて書いた探偵小説です。

      ヘイスティングズは、旧友ジョン・カヴェンディッシュの住むスタイルズ荘で疾病休暇をすごすことになります。そのスタイル...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      ポワロもの。
      ヘイスティングスは、友人のジョンの家を訪れている。ジョンの継母は誰が見ても財産目当てだろうと思われる男と再婚しており、それが家族の悩みの種。継母の友人は男を非難し、家を出て行く。暫くして...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000064992","price":"628"}]

    セーフモード