曇天に笑う 1巻

唐々煙

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

時は明治、文明開化に廃刀令、驚天動地の変革期。日ノ本最大の湖・琵琶湖を舞台に、大蛇を祀る曇天神社の三兄弟が織り成す大活劇。特別読切も収録し、粋に婆娑羅にいよいよ開幕。

続きを読む
  • 曇天に笑う 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    曇天に笑う 全 6 巻

    3,630円(税込)
    36pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.4
23
5
4
4
7
3
8
2
4
1
0
レビュー投稿
  • 2018/08/20Posted by ブクログ

    江戸から明治へ、早10年...
    変わりゆく日本に馴染めない者が町に溢れ、犯罪者として世に隠れていた。

    その脱走者を探し、監獄に戻す者たち、曇家(くもうけ)、三兄弟、天火、空丸、宙太郎。

    真の侍であ...

    続きを読む
  • 2017/09/03Posted by ブクログ

    同シリーズの煉獄に笑うから先に読んでしまったので、絵柄はちょっと前のものだな、と感じた。そもそも、こちらが先の話だから、読む順番が違ってしまったけど。過去編である煉獄で、曇神社には双子しかいなかったけ...

    続きを読む
  • 2016/03/23匿名
    はじめてハマった漫画

    ストーリーも人物もしっかりしていて、ぐいぐい引き込まれます。キャラクターも個性がしっかりしていて、楽しい部分あり、切ないところもあり、飽きさせません。更に画力も半端なく、どのシーンの人物背景を見ても圧...

    続きを読む
開く

セーフモード