【最新刊】道化師の蝶

道化師の蝶

1冊

円城塔

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    無活用ラテン語で書かれた小説『猫の下で読むに限る』で道化師と名指された実業家のエイブラムス氏。その作者である友幸友幸は、エイブラムス氏の潤沢な資金と人員を投入した追跡をよそに転居を繰り返し、現地の言葉で書かれた原稿を残してゆく。幾重にも織り上げられた言語をめぐる物語。〈芥川賞受賞作〉

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/10
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.3
    192
    5
    29
    4
    61
    3
    67
    2
    19
    1
    16
    レビュー投稿
    • 2019/11/17Posted by ブクログ

      はじめは、「なんだこれ?」が頭に浮かび続けるけど、読み進める内に段々と構造がはっきりと浮かび上がってくるような感じの2作。難解で何を言っているか分からず、ほとんど詩とも取れるような描写も、全てを読み終...

      続きを読む
    • 2019/07/26Posted by ブクログ

      自分は意味不明な小説が大好きだと思っていたが、そうではなかった。激しい意味不明な小説が好きであって、静かな意味不明な小説は好きでないことが判明した。静かな小説は、没入するような感覚がウリだと思うのだけ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/05/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード