【完結済み】特攻の島 1巻

特攻の島

完結

9冊

佐藤秀峰

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

「生存率ゼロパーセント…巨大な鉄の棺桶……」――。生きては帰れない人間魚雷「回天」に搭乗することになった若者達の苦悩と生き様を描いた戦争ドラマ。大東亜戦争末期、絵を描くのが好きな福岡海軍航空隊予科生・渡辺裕三(わたなべ・ゆうぞう)は、生還を期さない特殊兵器の搭乗員に志願して、とある島へと連れて行かれる。そこで人間魚雷「回天」を見て衝撃を受けた渡辺は、その創案者・仁科(にしな)と出会い……!?

続きを読む
ページ数
206ページ
提供開始日
2012/03/09
  • 特攻の島 全 9 巻

    未購入巻をまとめて購入

    特攻の島 全 9 巻

    3,960円(税込)
    39pt獲得

レビュー

4.5
7
5
5
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/02/11匿名
    何度読んでも変だな

    このシリーズの初めに仁科中尉と誰か不明だが軍令部の上級将校に回天の開発を進言するシーンで国家を個人より優先してそのために死を辞さぬという発言、汽車の中でも予科練の若い衆も同様にやたらに死にたがっている...

    続きを読む
  • 2018/06/14Posted by ブクログ

    表紙で主人公の心持ちの変遷を表現しているのでしょう。
    ひとりの人生を描きながら戦争を通して歴史を考えさせられる
    作品です。君達はどう思うのだ?
    答えるのに苦しみます。未だ持って答えが言えません。
    きっ...

    続きを読む
  • 2018/02/21Posted by ブクログ

    自分の祖先様に所謂「英霊」と成られた方がおられます。
    その方は経歴からして誇らしいという御方でした。
    一高東大文官任用が決まっておりましたが学徒出陣で徴発
    なされて東南アジアで御勤めを全うされました。...

    続きを読む
開く

セーフモード