逆説の日本史 2古代怨霊編/聖徳太子の称号の謎

井沢元彦

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「徳」と怨霊信仰のメカニズムを初めて解明!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!なぜ聖徳太子には「徳」という称号が贈られたのか?「日本書紀」は天武天皇の正体を隠すために編纂された!奈良の大仏は怨霊鎮魂のためのハイテク装置だった…など日本人の「徳」の思想と怨霊のメカニズムを解明。目次第1章聖徳太子編-「徳」の諡号と怨霊信仰のメカニズム第2章天智天皇編-暗殺説を裏付ける朝鮮半島への軍事介入第3章天武天皇と持統女帝編-天皇家の血統と『日本書紀』の”作為”第4章平城京と奈良の大仏編-聖武天皇の後継者問題と大仏建立年表※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

    続きを読む
    • 逆説の日本史 全 23 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      逆説の日本史 全 23 巻

      17,017円(税込)
      170pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(192件)
    • ネタバレ
      2016/04/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/11/23Posted by ブクログ

      封印された歴史をウラ側から読み解く第4弾!
      日本人の「平和意識」には、ケガレ思想に基づく偏見があり、特に軍隊というものに対する見方が極めて厳しく、「軍隊無用論」のような、世界の常識では有り得ない空理空...

      続きを読む
    • 2009/11/23Posted by ブクログ

      日本人の「わ」の精神のルーツは? 宮内庁が天皇陵の学術調査を拒み続けるのはなぜか? タブーに近かった空白の古代史の謎を大胆な推理で解明し、歴史学界の旧幣と教科書教育的な「日本史の常識」を覆す。目次内容...

      続きを読む
    開く

    セーフモード