【最新刊】逆説の日本史22 明治維新編/西南戦争と大久保暗殺の謎

逆説の日本史
22冊

井沢元彦

961円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。「維新の英雄」はなぜ自滅の道を選んだのか。 『週刊ポスト』誌上で四半世紀以上にわたって連載中の、作家・井沢元彦氏による歴史ノンフィクション『逆説の日本史』。文庫22巻より、いよいよ明治時代に突入します。 第一章「明治維新編」と第二章「明治政府のグランドデザイン編」では、維新を成し遂げた明治新政府面々の奮闘ぶりを紹介。 続く第三章「明治六年の政変編」では、維新の立役者である大久保・木戸と西郷・板垣の深刻な対立に発展した明治六年の政変と、その原因となった「征韓論」についてわかりやすく解説しています。 第四章「サムライたちの反抗編」は、悲運の男・江藤新平と佐賀の乱についての考察。 そして第五章「サムライたちの反抗編2」では、西南戦争における“最強”西郷軍敗退の謎に迫ります。 なお今回巻末に「補遺編」として、『逆説の日本史』第一巻の刊行以降に判明した歴史的発見を踏まえ、これまでの『逆説』の訂正や付記も収録しています。

続きを読む

レビュー

3.9
21
5
4
4
11
3
6
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/14Posted by ブクログ

    吉宗をバカ殿と言い、儒教が経済音痴の政治を生み出すと
    いったあたりの解説は著者の面目躍如といったところだが、
    ここまで執拗に裏からの観方を繰り返されると、それを
    さらに裏から見たくなってしまう私は間違...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2017/01/12Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2015/12/05Posted by ブクログ

    江戸時代は日本人が形成された時代だ。近代日本人の原型はすでに江戸時代にできていたことがわかる書である。

開く

セーフモード