【最新刊】鹿の園

鹿の園

画:上村一夫 作:鈴木則文

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

東旺映画で十年の助監督時代を過ごした、村瀬高之。やっと自分の書いたシナリオが認められ、監督として映画を任される事になった。その時に出会った美少女・綾小路若葉。その美しさもさることながら、彼女が自殺した大女優・梓ふみ子(綾小路芙美)の娘だと知り、絶大なチャンスが自分に向いてきたと確信する村瀬だった。しかし引退していた大御所監督・牧口健造が、若葉を使って映画を撮りたいと復帰してくる。折角の幸運を横取りされそうになった村瀬は…。ドロドロとした映画界の深層を描く長編!収録作「PART・I」「PART・II」「PART・III」「PART・IV」「PART・V」「最終章」を収録。

続きを読む
ページ数
204ページ
提供開始日
2012/02/17
連載誌/レーベル
マンガの金字塔
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2004/10/14Posted by ブクログ

    京都撮影所に自殺した母を持つ美少女があらわれ、歯車は回りだす。白蛇伝説をベースに脂の乗ったエロとホラー。トラック野郎などの映画監督鈴木則文原作。

セーフモード