【最新刊】蹴りたい背中

蹴りたい背中

綿矢りさ

366円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第130回芥川賞受賞作品。高校に入ったばかりの“にな川”と“ハツ”はクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中のにな川の存在が気になってゆく……いびつな友情? それとも臆病な恋!? 不器用さゆえに孤独な二人の関係を描く、待望の文藝賞受賞第一作。127万部のベストセラー。

    続きを読む
    提供開始日
    2011/12/23
    連載誌/レーベル
    河出書房新社電子書籍
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.4
    335
    5
    49
    4
    95
    3
    154
    2
    26
    1
    11
    レビュー投稿
    • 2012/02/14Posted by ブクログ

      凄まじいタイトルです。
      これが八年前に芥川賞をとったとき、どんな小説? と、まず思いました。しかも作者は当時早稲田大学在学中で19歳の最年少受賞。そのうえ、かわいい。女子高生にしか見えない。(受賞時の...

      続きを読む
    • 2015/05/22Posted by ブクログ

      高校に進学し、クラスの余り者になった長谷川初実と、同じく余り者の少年・にな川の物語。

      クラスメイトたちに対していっこうに関心を払わないにな川でしたが、初実が「オリチャン」というモデルを見かけたという...

      続きを読む
    • 2009/11/24Posted by ブクログ

      学生の頃、私は休み時間が大嫌いだった。

      学校生活で味わうあの「息苦しさ」「うっとおしさ」。「さびしさは鳴る」で始まる印象的な冒頭。しかし「グループ」の外にいる事を楽しむまでは自立しているわけでもなし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード