【最新刊】オーディナリー±

オーディナリー±

高橋慶太郎

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

非合法員・的場伊万里は、潜入先の学校内で文部省の役人を殺し屋から守るよう命じられる。そんな彼女の前に転校生を装って殺し屋・王美棕(ウァン・メイヅゥン)が現れ、互いの正体に気付いた彼女たちは、校舎を舞台に銃撃戦を繰り広げる!!戦いのさなか、この任務の裏にある事実を知る伊万里だが、殺し屋は美棕の他にもいて…。

続きを読む
ページ数
191ページ
提供開始日
2011/12/20
連載誌/レーベル
サンデーGXコミックス
出版社
小学館
ジャンル
少年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2013/01/04Posted by ブクログ

    もしかしたら、2012年の一番の発掘は、「高橋慶太郎」しかもしれない。ここから「デストロ246」→「ヨルムンガンド」もありありの展開じゃないか!彼が木葉功一氏の「キリコ」にinspireされたという話...

    続きを読む
  • 2008/07/07Posted by ブクログ

    ヨルムンガンドを描いてる方のデビュー作、だったと思います。
    発売されてそく買いました。
    この人の絵は動きがあるし、かっこいい。ストーリーも良い。
    なんと言っても俺好みw
    殺し屋の女が主人公。・・・この...

    続きを読む
  • 2007/12/03Posted by ブクログ

    文部省教育特捜のヒットマンである少女の話
    鮮血と銃声
    一つのガンアクション漫画?

    Ordinary±はキャラクターに魅力があった
    主人公の伊万里の造形については
    驚くほどに崩れている
    それが彼女の性...

    続きを読む
開く

セーフモード