【最新刊】サラダ記念日

サラダ記念日

1冊

俵万智

419円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    生きることがうたうこと、うたうことが生きること…なんてことない24歳が生み出した感じやすくひたむきな言葉。31文字を魔法の杖にかえ、与謝野晶子以来の革命的情熱歌人誕生とうたわれた、空前絶後の大ベストセラー。

    続きを読む
    提供開始日
    2011/12/16
    連載誌/レーベル
    河出書房新社電子書籍
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    53
    5
    16
    4
    26
    3
    8
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/29Posted by ブクログ

      瑞々しい感性とは、きっとこのこと。
      カメラワークの上手な映画を見ているような感覚で読み終えました。

      余計な言葉はひとつもなくて、心象風景を表すのにぴったりのフレーズが五七五七七にぎっしり。短いのにす...

      続きを読む
    • 2019/09/22Posted by ブクログ

      短歌にはじめて触れたのが本書。「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの。ルールがある中自らのセンスを見いだす面白さは感じた。ただいまひとつ内容に入っていけない部分もあり、また...

      続きを読む
    • 2019/02/25Posted by ブクログ

      短歌系はあまり読まないから、どうも性に合わないな。でも、心が締め付けられて良い…。たとえ他人同士の恋物語であってもね…。(“この人達どうして幸せになれないんだろう…”って自分の事のように辛い。)短歌っ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード