【最新刊】プレイボーイに首ったけ 【愛を運ぶ遺言 VI】

プレイボーイに首ったけ
1冊

ハイディ・ベッツ 翻訳:雨宮幸子

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

最新刊を購入

カゴに追加

ヘイリーは生後4カ月の妹の遺児を連れ、雪降るアスペンの地を訪れた。最愛の甥を、実の父親に会わせるためだ。有名リゾートを経営する一族の御曹司トレバーはハンサムで名うてのプレイボーイ。妹との一夜をまったく覚えていないトレバーに、ヘイリーは失望する。だが、彼の口から出てきたのは、思いがけない言葉だった。「DNA鑑定の結果が出るまで、一緒に暮らしてほしい」赤ん坊と仲よくなりたい、赤ん坊のことを教えてくれと頼まれ、ヘイリーは承諾してしまう。翌日の夜、くらくらするようなキスをされて、彼女はアスペンに来たことを後悔しはじめる……。

続きを読む

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2012/06/19Posted by ブクログ

    「愛を運ぶ遺言」シリーズ6。トレバー・ジャロッドの話。 実は私、このシリーズ本書が初めて。人間関係いまいちわからなかったけど。あらすじに惹かれただけだったけど、読んでみてよかった。 ヒーローと兄(ブレ...

    続きを読む

セーフモード