【最新刊】不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~

不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~

堀田あきお&かよ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

10年間に及ぶ不妊治療の末、最後に選んだのは「ふたりで生きていく」こと。突然の子宮内膜症手術、度重なる人工授精、流産…。どんなに辛い時も、ふたりで上を向いて歩いてきた――。手塚治虫の愛弟子・堀田あきおと妻・かよが今、日本に「夫婦の絆」を問いかける――!!泣けるコミックエッセイ!!

続きを読む
ページ数
181ページ
提供開始日
2012/10/27
連載誌/レーベル
本当にあった笑える話
出版社
ぶんか社
ジャンル
女性マンガ

レビュー

  • 2014/03/06Posted by ブクログ

    10年前の内容らしいが基本的に今も治療方法は変わらない。漢方は顆粒で保険がきくやつがあるので、煮出すとか何万もするとかはないけども。今のところ1つの病院しか通ってないけど、医者はたしかにいろいろいる。...

    続きを読む
  • 2011/07/02Posted by ブクログ

    10年の不妊治療に取り組み、最後に選んだのは「ふたりで生きていく」こと―。

    紀行漫画を書くイメージが強かったので、読み始めて驚きました。

    不妊治療に関する本は、治療効果が出た場合もしくは現在進行形...

    続きを読む
  • 2012/03/07Posted by ブクログ

    最近何かと話題の不妊治療。この本で取り上げられているのは10年以上前の出来事だが、その大変さとつらさは測り知れない。
    なんとなくこんな物だろう、と思っていた以上の大変さ。
    この二人は自由業である程度時...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000067669","price":"660"}]

セーフモード