海街diary (6) 四月になれば彼女は

吉田秋生

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

2015年初夏公開予定での実写映画化も決定!!監督を熱望し、映像化に挑むのは『そして父になる』で昨年第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した是枝裕和監督。すずの母が生まれ育った街、金沢。会ったことのない祖母の月命日、遺産相続の手続きのため母の生家を初めて訪れたすず。そこで四姉妹を待っていた“いちがいもん”とは!?

続きを読む
  • 海街diary 全 9 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    海街diary 全 9 巻

    4,950円(税込)
    49pt獲得

レビュー

レビューコメント(97件)
  • 2014/07/18

    (´;ω;`)ブワッ・・・なんて大人なんだろう>中学生

    今回は、重いばかりでなく、琴線に触れる箇所がいっぱいあって(´;ω;`)ブワッっとなった。
    それぞれの「こんなはずじゃなかった。。」がキメ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2014/07/16

    何気ない日常が織り成す物語。

    誰かが亡くなった日に何処かで新しい命が生まれ、
    誰かが泣いている同じ時に何処かで笑い声が聴こえる。
    誰かが幸せを謳歌してる季節に誰かは不幸を嘆き、
    誰かが恋をした瞬間に...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2014/07/20

    海街daiaryの6巻「4月になれば彼女は」が出ました!
    発売を心待ちにするコミックとは、私にしてはこのシリーズくらいであろうか。第1巻「蝉時雨のやむ頃」から次は!と読み続けています。

    鎌倉を舞台と...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード