海街diary (6) 四月になれば彼女は

完結

吉田秋生

540円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

2015年初夏公開予定での実写映画化も決定!!監督を熱望し、映像化に挑むのは『そして父になる』で昨年第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した是枝裕和監督。すずの母が生まれ育った街、金沢。会ったことのない祖母の月命日、遺産相続の手続きのため母の生家を初めて訪れたすず。そこで四姉妹を待っていた“いちがいもん”とは!?

続きを読む
  • 海街diary 全 9 巻

    未購入巻をまとめて購入

    海街diary 全 9 巻

    4,860円(税込)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.4
83
5
44
4
31
3
8
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/02Posted by ブクログ

    すずのいとこの直人さん、方向音痴だけど和めるいいキャラですね。「地図にない場所を探す」って、ロマンを感じます。
    すずが進学のことで悩むけど、悩めるということは時間も選択肢もあるということ、つまり居場所...

    続きを読む
  • 2019/01/29Posted by ブクログ

    表紙が、青くて、美しい。お話と、ちゃんとつながっている。第1巻に書きました、そちらを読んでいただければ嬉しいです。

  • 2018/11/06Posted by ブクログ

    この作者の絵が好き。そして、家族と友人とのつながり。
    つい見守りたくなる。
    鎌倉という場所もいい。私も昔育った場所。

もっと見る

セーフモード