【最新刊】一命

一命

滝口康彦

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    病床の妻子を置いて家を出た浪人は、なぜ自ら命を絶ったのか?二度映画化され、二度ともカンヌ国際映画祭に出品された不朽の名作「異聞浪人記」の他、武家における殉死の意味を問う「高柳父子」、家族愛を描く「拝領妻始末」など6編を収録。武士の悲哀を描き続けた時代小説家の傑作選。

    続きを読む
    提供開始日
    2011/10/07
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2017/12/31Posted by ブクログ

      長い間本棚のトップに設置していたのは、この作家さんの名前を広めたいがため。
      著者のファンの方はもちろんのこと、多くの時代小説ファンの渇きを一気に癒してくれるようなこの短編集だが、書店にも地元の図書館に...

      続きを読む
    • 2011/10/29Posted by ブクログ

       「異聞浪人記」「貞女の櫛」「謀殺」「上意討ち心得」「高柳父子」「拝領妻始末」の6つの短篇時代小説。武士道とは対極にある士道。個人の生死など歯牙にかけない武家社会の欺瞞を描いている。なかでも「異聞浪人...

      続きを読む
    • 2017/03/08Posted by ブクログ

      とても短い短編集だけれど、読みごたえのあるものばかりでした。
      感情をこれ程振り回してくれる文章を書ける人にはなかなか出会えない。
      他の本も読んでみたいけれど、手に入り難いのが残念。気長に探すか。

    開く
    [{"item_id":"A000057073","price":"440"}]

    セーフモード