オリンポスの咎人 IV サビン

ジーナ・ショウォルター 翻訳:仁嶋いずる

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    屈強な戦士たちが部屋になだれこんできたとき、グウェンは怯えてガラスの檻の奥に身を寄せた。伝説の生き物ハルピュイアを内に宿す彼女は実験のために監禁され、この一年、自由になる日を夢見てきた。わずかな希望を抱いて目を上げ、息を止める。戦闘の指揮を執るサビンという名の男が彼女を崇めるように見つめていたのだ。そして彼は解放すると約束して鍵を開けた。グウェンは安堵をおぼえ、彼の温もりに引き寄せられるように足を踏み出した。ところが、サビンはほかの戦士に向かって告げた。この女は利用できるから、おれの手元に残す、と。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/02/03Posted by ブクログ

      実験のために監禁されたハルピュイアのグウェン
      ハルピュイアの特殊なルール。盗んだもの、報酬で受けたものしか口にできない彼女。ぶっとんだ彼女の行動に笑いつつ、彼の中の”疑念”の魔物の声を聞き分け、振り...

      続きを読む

    セーフモード