風雲児たち 幕末編 21巻

みなもと太郎

607円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

桜田門外の変の全貌を大胆な解釈で余すところなく描いたシークエンスは、「風雲児たち」全編を通じて白眉と言える出来栄え。得意のギャグを一切排した凄絶な殺陣に、作者のただならぬ気魄を感じる。卓越した漫画技法とシャープな洞察力の見事な融合。歴史の大きなターニングポイントで敵対せざるをえなかった人々の魂の叫びが、今甦る。従来のギャグ漫画を超越した、これぞ歴史大河ロマンの真骨頂である。

続きを読む
  • 風雲児たち 幕末編 全 32 巻

    未購入巻をまとめて購入

    風雲児たち 幕末編 全 32 巻

    18,835円(税込)
    188pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.7
10
5
7
4
3
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/19Posted by ブクログ

    チャカポンがマミ 「巴マミられ」る。
     作者が井伊大老のお付きの皆さんに対する、苦いタラレバ炒めを紹介しつつ、マミら こほ 大老の「延命」に奔走する皆さんと、その辺に関する忠臣蔵の怨霊と、民衆のリテラ...

    続きを読む
  • 2014/07/30Posted by ブクログ

    桜田門外の変についてこれほどまでに緊張感とリアルさを描けるのかと感心した。
    いつものギャグ要素が時たま場違いに感じられるくらいだった。

  • 2013/01/02Posted by ブクログ

    実に細やかに桜田門外の変が語られている。事実とはこうだったのかと非常に納得。とてもリアルで怖いぐらいだった。

    しかし当時の海外情勢や国内の政治情勢をよく理解できていない志士の原型の浪士を見るにつけ新...

    続きを読む
開く

セーフモード