【最新刊】光の海

光の海

小玉ユキ

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

とある海辺の町、寺の坊主・秀胤(しゅういん)は、住職の孫・光胤(こういん)の言動が何かと気に食わない。明るく奔放で人気があり、住職の血を引く光胤には、かわいい恋人までいる。いい加減なあいつばかりが、なぜ?悶々とする秀胤だったが…!?収録作品:光の海/波の上の月/川面のファミリア/さよならスパンコール/水の国の住人

続きを読む
ページ数
192ページ
提供開始日
2011/09/09
連載誌/レーベル
flowers
出版社
小学館
ジャンル
少女マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.2
20
5
9
4
8
3
2
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2008/05/03Posted by ブクログ

    小玉ユキのコミックス初買い。人魚をテーマにした短編5本立て。なんといっても一冊の単行本としての完成度の高さに驚く。どの話もよく練られていて、一話一話が宝物のよう。ファンタジー仕立てだけど、人魚にまつわ...

    続きを読む
  • 2009/03/10Posted by ブクログ

    人魚が普通に生息する日本での短編5本。
    これは久々にやられました。短編が上手い作家なのは知っていたんですが、この本は特にいい。
    自分がこういう、現実世界にフィクションの存在が普通に紛れ込んでるって設定...

    続きを読む
  • 2009/02/18Posted by ブクログ

    人魚の住む海のある町が舞台。住職とその周辺の人々、女学生、結婚してしまう女友達、父子家庭の親子、海女だったお婆さんなど、人魚×人間の関わり合いを描いた作品です。出会えた喜び、別れの切なさ、それぞれが全...

    続きを読む
開く

セーフモード