修羅の門 31巻

完結

川原正敏

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ブラジル版異業種格闘技「ヴァーリ・トゥード」決勝戦、九十九(つくも)対レオンは決戦の時を迎えた!人としての仮面を脱ぎ捨てることなく、優位に戦いを進めるレオン。だが、マウントポジションからの打撃をもかわす九十九の技に、遂に悪魔(デイアーボ)が解き放たれた!!勝利は誰の手に……!?衝撃の最終巻!!伝説は、まだ終わらない……!!

続きを読む
  • 修羅の門 全 31 巻

    未購入巻をまとめて購入

    修羅の門 全 31 巻

    13,398円(税込)
    133pt獲得

レビュー

4
3
5
1
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/05/31Posted by ブクログ

    イグナシオとレオンの二人がドラマのほとんどを担っていて、九十九は単なる舞台装置と化している。まあ、修羅になるというのは人間性を失うということだから、素手で殺すマシーンになってしまうのは仕方がないのかも...

    続きを読む
  • 2010/05/12Posted by ブクログ

    格闘技馬鹿が強い奴を求めて津々浦々。

    命かけて真面目にやってるんで、すっごくかっこいいの。

    活人拳をテーマにしていたものの、流れでいろいろあり、それに関して批判が寄せられた為、

    作者:がっかりだ...

    続きを読む
  • 2006/07/08Posted by ブクログ

    最後まで面白く読めた唯一の格闘マンガで、『修羅の刻』と合わせて読むと更に楽しめる。だからって1日で31冊すべてを再読した自分には呆れるけど(笑) 第5部が描かれることはあるんだろうか。

開く

セーフモード