【最新刊】姑獲鳥の夏 (2)

姑獲鳥の夏

京極夏彦

524円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「私を――たすけてください」。古本屋京極堂にして陰陽師の中禅寺秋彦が刑事の木場、探偵である榎木津を前にして解き明かす久遠寺家の「血」。呪われた真相は卑劣漢・内藤を恐怖のどん底へと叩き込み、文士・関口の自我を根底から揺るがす。そして京極堂はいう。「この世には不思議なことなど何もないのだよ」

    続きを読む
    提供開始日
    2012/05/04
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 姑獲鳥の夏 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      姑獲鳥の夏 全 2 巻

      1,048円(税込)
      10pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ■内容(「BOOK」データベースより)
      「私を―たすけてください」。古本屋京極堂にして陰陽師の中禅寺秋彦が刑事の木場、探偵である榎木津を前にして解き明かす久遠寺家の「血」。呪われた真相は卑劣漢・内藤を...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ■内容(「BOOK」データベースより)
      「二十箇月もの間子供を身篭っていることができると思うかい?」。昭和二十七年の夏、三文文士の関口巽は東京は雑司ケ谷にある久遠寺医院の娘にまつわる奇怪な噂を耳にする...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      この世には不思議なことなど何もないのだよ

      これまで何度読んだのだろうか。
      最初、ノベルス版で読み、
      たぶん、1~2回くらい読み直し、
      次は講談社文庫版で読んだ。

      しかし、本来は文庫というのは持ち...

      続きを読む
    開く

    セーフモード