【最新刊】坊主DAYS (2) お寺とみんなの毎日

坊主DAYS

杜康潤

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「お前どうする?この寺継ぐか?」禅の宗派のひとつ・臨済宗(一休さんなどが有名☆)のお寺の跡継ぎに生まれた著者の兄。子供の時に得度式(出家のための儀式)を済ませてはいたものの、住職になる日は、ずっと遠い未来に感じていた。だが14歳のある日、その“未来”の決断を突然迫られる事態が……。兄の幼少時代から住職になるまでのエピソードのほか、お寺の娘に生まれた著者の悩み、住職のお仕事、“寺庭”と呼ばれる住職の妻の三代記や、尼僧のことなど13篇を収録。『坊主DAYS』の杜康潤が描く、お寺と家族にまつわるコミック・エッセイ!!

続きを読む
ページ数
144ページ
提供開始日
2013/05/03
連載誌/レーベル
Wings
出版社
新書館
ジャンル
少女マンガ
  • 坊主DAYS 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    坊主DAYS 全 2 巻

    1,100円(税込)
    11pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2011/12/19Posted by ブクログ

    荒川弘氏の帯に引き寄せられて購入しましたが、大当たり☆とーっても面白かったです。
    1巻(?)は、主に修行の様子や禅寺の様子などを中心としております。前に鉄鼠の檻を読む前に読むといいですよと言ったんです...

    続きを読む
  • 2010/05/23Posted by ブクログ

    「お坊さん」という存在は身近な様で実はその実態がなかなか解らない職業ではなかろーか。僧堂への入門に始まって修行の日々を経て一人前の僧侶になっていく過程は想像以上に厳しい。「人生疲れたら出家」なんて甘い...

    続きを読む
  • 2011/12/23Posted by ブクログ

    2巻(?)は、娑婆の世界で生きる坊主とそれを支える人たちが中心になります。
    私は1巻の方が好きですが、面白さは1巻に負けず劣らずです。
    というか1巻読んだ人はそのままのノリだと認識してくだされば問題無...

    続きを読む
開く

セーフモード