三国志 (8) 劉備の敗走

作画:河承男 原作:北方謙三 脚本:梶川良

802円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

下ヒ城を手に入れた劉備の下に、曹操と袂を分った陳宮と呂布がやってきた。関羽と張飛の反対を押し切って、義侠の大儀のために陣営に迎え入れたが、一抹の不安が残った。なんと言っても、陳宮である。当代随一の陰謀家陳宮だ。一方、揚州の袁術の下に身を寄せていた孫策にも機が熟していた。劉ヨウを倒すことを条件に配下とともに呉郡に帰ることを許されることになった。しかし劉ヨウ軍五千、対する孫策軍は百五十。攻めるべきは要害の地に建つ難攻不落の城。途方に暮れていた孫策の前に現れたのは周瑜だった。

続きを読む
  • 三国志 全 10 巻

    未購入巻をまとめて購入

    三国志 全 10 巻

    7,402円(税込)
    74pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード