三国志 (2) 陰謀の都

作画:河承男 原作:北方謙三

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

北方謙三渾身の大長編小説を超技画アーティスト河承男が劇画化!孫堅文台、奇しくも曹操と同年であるが、家柄の整った曹操と違い、生業は長江から黄海流域を荒らし廻る海賊であった。孫堅は海を捨て、猛スピードで国盗りに励んで行く。その頃、曹操は先の黄巾軍討伐の功績により、済南郡の相を命ぜられていた。都から遠く離れていたが、曹操は宮中の動きを間者を使い常に監視していた。覇業を志す男たちが乱世を駆け巡る!!

続きを読む
  • 三国志 全 10 巻

    未購入巻をまとめて購入

    三国志 全 10 巻

    7,540円(税込)
    75pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/04/20Posted by ブクログ

    孫堅、というか、呉がやっぱり好きです  
    田舎くさいのにしたたかなところとか  
    やっぱ曹操・劉備・孫堅の三者がそろう黄巾の乱・董卓討伐あたりはいいなあ  

    「三国志漫画」としては、面白いと思う  ...

    続きを読む

セーフモード