築地魚河岸三代目 42巻

完結

画:はしもとみつお 作:九和かずと 作:鍋島雅治

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

東京・銀座の隣、築地。夢と人情と美味に彩られた“食のワンダーランド”築地魚河岸が存在するその場所に現れた一人の男。赤木旬太郎は元銀行マンだったが、恋愛結婚した妻の明日香が築地魚河岸の仲卸の一人娘だったことから、その三代目を継ぐこととなる。魚に関してはド素人の旬太郎の、築地での悪戦苦闘の日々が始まったが…!?豊洲移転を控えた築地市場。『魚辰』を始め築地の人々は戸惑いや不安を隠せないでいる。旬太郎は江戸川先生とともに東京都庁の新市場整備部を訪れ、豊洲移転の必要性についてレクチャーを受ける。一方、旬太郎の義父・大旦那は、旬太郎の妻で娘の明日香に佃煮を授ける。果たして、その意図は…!?感動の最終第42集!!

続きを読む
  • 築地魚河岸三代目 全 42 巻

    未購入巻をまとめて購入

    築地魚河岸三代目 全 42 巻

    25,410円(税込)
    254pt獲得

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2014/06/15Posted by ブクログ

    あっさり終わってしまった。しばらく触れられていなかった移転問題に正面から向き合って出した結論が、それってどうなの?って気もしますが。

セーフモード