禁じられた追憶

シャロン・ケンドリック 翻訳:斉藤薫

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    施設育ちながら、努力の末に大学の奨学金を得たエリザベス。将来を夢見て意気揚々とロンドンへやってきた彼女は、旅行中のイタリア系アメリカ人、リカルドと衝撃的な恋におちる。だが彼に婚約者がいるとわかったとき、恋ははかなく散った。彼女が予期せぬ妊娠に気づいたのは、彼が去ったあとだった……。それから10年、一児の母、そして会計士になった彼女は新しい顧客である大物弁護士と対面し、卒倒しそうになった。忘れもしない貴族的な顔つきに、アメリカ人らしい話し方。まさか息子の存在を知って、奪いにやってきたの?

    続きを読む

    レビュー

    2.7
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/06/20Posted by ブクログ

      会計士のヒロイン、10年前に愛したヒーローと再会するが、ヒーローに伝えていない子供がいてーー。

      10年経っているとはいえ一目で気づかないヒーローってどうよと思った。
      周りの人(婚約者やその母)に容易...

      続きを読む
    • 2011/11/27Posted by ブクログ

      ヒーローのせいかな。読んで居てもドキドキ感があまりないし、読み終えても、幸せ感薄い…
      コミックスならお子様が可愛く描かれてまだいいのかもしれないけれど…うーん…

    • 2011/09/02Posted by ブクログ

      10年前のすれ違いの結果を再会によってのハーレクインパターン。陰謀とか色々あっても原点はヒーローが悪いよね。婚約者を見る目が無いうえに二股だし、金持だったんなら忘れる以外の選択肢を取るべきだったんだよ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード