誘惑は罪

ローリー・フォスター 翻訳:佐々木真澄

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    ヴァージニアは家族経営の会社で重要なポストを任されている。そのキャリアに加え、男勝りな性格と冴えない容貌が災いして、なかなか男性には女として見てもらえない。そんなヴァージニアに誘いをかけてきたのが、ディロン。最近会社にやってきたセキュリティ部門の責任者で、男らしくセクシーな彼に、ヴァージニアは夢中になる。だが、運命の人に出会えたと思っていた矢先、事件は起きた。デートの最中、車内でディロンに睡眠薬をのまされたのだ。いったいどういうこと?混乱しつつ、彼女は意識を失い……。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/05/03Posted by ブクログ

      家族経営企業の重要ポストを任されているヒロイン。セキュリティー部門の責任者ヒーロー。彼が彼女を誘惑するのには理由がある。ヒーローの弟ってさー自分の尻拭いを兄1人にさせて甘え過ぎじゃね?このヘナチョコ野...

      続きを読む

    セーフモード