【最新刊】孔雀の貴婦人

孔雀の貴婦人

ニコラ・コーニック 翻訳:江田さだえ

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    次期侯爵のニックは悪名高いいとこの不品行を抑えるためにある仮装パーティにまぎれこみ、仮面の女性モリーと出会う。彼女のたぐいまれな瞳の色に魅了されるが、いとこが姿を現すと、二人は知りあいなのか連れだって外へ出ていってしまった。だが後を追うニックが見たのは、殺されたいとこの姿だった……。真相をつかむべく、彼は証拠品を頼りにある屋敷にたどりつき、そこにいた貴婦人の瞳を見て直感した――モリーにちがいない!ニックのなかで、あらゆる好奇心が頭をもたげた。さて、そしらぬ顔の彼女を、誘惑してじりじり追いつめてやろう。

    続きを読む
    提供開始日
    2011/04/28
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン文庫

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 孔雀の貴婦人2013/10/31Posted by ブクログ

      4.8
      いろいろと状況がマリに不利すぎて、ヒーローはヒロインに謝れと言えない…
      というかマリとニック両方の一人称が比較的並列して書かれてるのでいろいろわかりやすい。
      ニックいいやつ。

    セーフモード