いくたびも夢の途中で

ベティ・ニールズ 翻訳:細郷妙子

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    「あなたとは結婚しないわ」プルーデンスは婚約者のトニーに、いきなり言った。もう限界だった。新婚の妹夫婦が招いてくれたホームパーティなのに、彼は終わりかけたころに現れて、忙しいからとすぐに帰ろうとする。婚約して四年、仕事にかこつけて結婚さえこの調子で待たされてきた。そんな彼女の悩みを聞き、自分の下で働かないかと勧めてくれたのが、妹の夫の友人で、パーティに来ていたベネディクトだった。でも、彼はオランダから来た医師。そばで働くには、プルーデンスが彼の自宅に住み込まなければならない。婚約者との関係に思い切って決着をつけられたものの、彼女はイギリスから見知らぬ外国へ行くことへの不安を覚えていた。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/25Posted by ブクログ

      長過ぎる婚約者の態度に見切りをつけ、新たな人生を踏み出すことに決めたプルーデンス。
      姉の結婚式で知り合った男性に誘われ、オランダで働き始めることにしたけれど…

      辛抱強く彼女の気持ちが自分に向くまで待...

      続きを読む
    • 2014/04/06Posted by ブクログ

      ベティ作品の中で、子供のいる設定のヒーローは初めて読みました。それ故なのかどうなのか、友情結婚(?)する二人なのですが…。お互いに好意を持っているのに、別室で何週間もって、なんかこう絵空事のように思え...

      続きを読む

    セーフモード