プリンスを愛した夏

シャロン・ケンドリック 翻訳:加藤由紀

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ロンドンでパーティ・プランナーの助手として働くメリッサは、カジミーロ国王が主催する舞踏会を手伝うために、地中海の島国、ザフィリンソスへ赴いた。彼女には心に、ある決意を秘めていた。機会をうかがって国王に直訴するのだ――私の一歳になる息子ベンはあなたの子供です、と。願いが通じて謁見がかなったものの、カジミーロはメリッサのことをまったく覚えていなかった。本当に、あの熱く親密な日々を忘れてしまったというの?動揺した彼女の耳に聞こえたのは、血も涙もない彼の罵倒だけだった。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/06/06Posted by ブクログ

      前作「プリンスを愛した過ち」未読。
      ずーっとヒーロー最低冷血漢でヒロインが可哀相だった…と感情移入するほど切なくて面白かった。
      ラストのヒーローの台詞に涙。

    • 2011/05/26Posted by ブクログ

      冷たくて傲慢な王様ヒーローとけなげなヒロインの話。『プリンスを愛した過ち』でずっと意識不明だった兄王が元気になってます。

    セーフモード