ムーン・リバーをあなたに

スーザン・ジェイムズ 翻訳:高木晶子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    フルールは親友の田舎の豪奢な屋敷で過ごす休暇を楽しみにしていた。ところが、正門を探して広大な敷地をさまよい歩いているとき、敷地の管理人らしき男に見咎められ、ぶしつけに追い払われてしまう。しかも腹立たしいほど高慢なその男は、親友の兄セバスチャンだった!普段は彼しか暮らしていないこの屋敷に滞在し、しばらくのあいだ静養することを決めたばかりなのに……。けれど、領地の管理で忙しい彼と顔を合わせることもないだろう。そう思い直していた矢先、親友が兄に話しているのを偶然耳にする。“フルールの相手をしてあげて、そうすれば元気になるから”と。気まずさと恥ずかしさに頬を赤く染めたとき、彼はフルールに気づいた。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/09/02Posted by ブクログ

      とてもほのぼのしたロマンスで読みやすかったです。結婚への障壁としてのトラウマ?があっさりなくなるのには、とってつけたような感じはありました。確かにベティニールズのほのぼの系ロマンスに似たものがあります...

      続きを読む
    • 2011/05/26Posted by ブクログ

      ドラマチックじゃない話、やっとわかった。ベティニールズに似てるんだ。登場人物を医者と看護婦より今風にして、惹かれあう男女の日常を淡々と書きつづる。
      ベティのほのぼの感が好きならお勧めです。評価は2.5...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/05/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード