後見人を振り向かせる方法 【我が一族アネタキス II】

マヤ・バンクス 翻訳:竹内喜

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イザベラがニューヨークを訪れたのには理由があった。それは、少女の頃から恋い焦がれていたセロンのそばにいるため。セロンはとてもハンサムな、ギリシアの富豪一族の次男だ。旧友だった互いの父親がともに亡きいま、イザベラにとっては、いわば後見人の立場にある。もう昔みたいに子供扱いはされたくない――久しぶりの再会を前に、イザベラはわざとセクシーな服を選び、成熟した自分の姿にセロンがうろたえるのを見て、満足した。だがその矢先、ある悲しい話を耳にする。セロンがもうすぐ、どこかの令嬢と婚約するという話を。

    続きを読む
    • ミニシリーズ:我が一族アネタキス 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      ミニシリーズ:我が一族アネタキス 全 3 巻

      1,980円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2012/06/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/07/10Posted by ブクログ

      未経験のヒロインが誘惑に自信を持ってるのがチョット変。自信の無さとか戸惑いは?って感じ。反対に女性経験の豊かなはずのヒーローは、誘惑されたり、恋心をもたれたりしてるのにきずかない鈍感さ。危機感ある展開...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/06/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード