埴輪の馬

小沼丹

1,134円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    滑稽というより、生活の事実を淡々と書きながら、思わず笑ってしまうといった味わいで、文学の師である井伏鱒二や友人たちとの交友を描く。表題作「埴輪の馬」では、埴輪様式の土器の馬を購入のため、師井伏鱒二や友人と出かける。地方都市の駅には先方のお迎えの車が、それも消防自動車が来ていて、それに乗車することの困惑。他10篇収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード