【最新刊】十年目の蜜月

十年目の蜜月

1冊

ポーラ・マーシャル 翻訳:辻早苗

660円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「叔父さん、ぼくを猿と結婚させるなんてひどいよ!」訳もわからぬまま礼拝堂の祭壇に連れていかれたベスは、紅顔の美少年が口にしたその言葉に、幼い心をえぐられた。少年の名はドルー――高貴な伯爵家の跡継ぎで、彼こそ、まだ10歳のベスにと定められた若き花婿だった。不器量な自分がこんな美少年の妻になるなんて耐えられない。ベスは泣いて嫌がるも、式は進み、二人は正式な夫婦となる。儀式を終えるや彼は立ち去り、音沙汰もなく歳月だけが流れた。夫が気まぐれに帰ってきたのは、10年後のことだった。

    続きを読む
    提供開始日
    2011/02/24
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン文庫

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/07/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/03/27Posted by ブクログ

      ヒロインが頑固者で、ヒーローもヒロインが美人に成長したらコロッと態度を変えるえーかげんな奴で、h/hどちらも魅力がなかった

    • 2011/03/03Posted by ブクログ

      10才で結婚したヒロイン。16才で猿(ヒロイン)と結婚させられたヒーロー。女の子に猿だってさ酷くないか?その後10年音信不通。再会したのだってヒーローが密使としての調査のため。なんやそのバカにされよう...

      続きを読む

    セーフモード