【最新刊】大正霊戦記 沖野岩三郎伝

大逆事件異聞 大正霊戦記 沖野岩三郎伝

1冊

関根進

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    1911年1月24日、明治天皇暗殺を企てたとして幸徳秋水ら12名が絞首刑に処された。判決から1週間後の早朝、厳冬の市ヶ谷監獄刑場だった。世にいう大逆事件である。処刑された和歌山の医師・大石誠之助と親しく、奇跡的に嫌疑をまぬかれた大正のクリスチャン作家・沖野岩三郎の娘を母とするジャーナリストが祖父の残した貴重な原稿資料を手がかりに、膨大な文献を精査して冤罪の視点から光をあてた大逆事件の真実――国権による集団催眠という戦慄すべき歴史が100年の時を経ていま、解き明かされる。

    続きを読む
    ページ数
    352ページ
    提供開始日
    2011/03/11
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード