【最新刊】雷鳴の夜

雷鳴の夜

ジェシカ・スティール 翻訳:愛甲玲

660円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    横暴な父親の悪だくみがもとで、フェリックスは十八歳で結婚させられた。結婚すれば、祖父の遺産の十パーセントがすぐに受け取れる、相手の男性も同意のうえだから、ただ婚姻届を出すだけでいいと。相手の名はネーサン・マロリー。形だけの結婚をすれば、経営危機にある彼の会社に、父が援助をする約束になっているという。フェリックスはネーサンに役所で初めて会い、偽りの夫婦となった。だが父はネーサンを平気で裏切り、約束の援助はしなかった。競争相手の彼に立ち直れないほどの痛手をあたえるために――。八年後、二人は再会した。互いに大きなわだかまりを残したまま……。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      横暴な父に従ったことを後悔し続けるヒロイン・フェリックス。
      母の死と母を愛したヘンリーによって支えられた彼女が幸せを見つける姿が素敵な物語。

      晩年の作品。この年以降の作品はいまのところない。
      ご存命...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      いつものジェシカ♪
      最近のハーレにはなかなかいないかよわいヒロイン。
      最後にはちゃんと成長するけど。

      DSソフトに収録されていた未邦訳作品はどれもおもしろかったけど、他のも出るのかな。

    セーフモード