覇―LORD― 19巻

原作:武論尊 作画:池上遼一

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

第126話「“点星”の陣」から第132話「“狼”の血」を収録。【あらすじ】曹操の“兵”の強さに、大敗を喫した呂布。そして前進を阻止された劉備。劉備は、関羽だけを、献帝の待つ、長安へと走らせた……そんな最中、袁術の配下に入り込んだ常元の進言で、袁術軍が徐州に進軍、とって返した劉備だが・・・・・・大敗した呂布は、我が子・関平と、その母、趙雲がいる徐州へと落ちのびたが・・・!?一方、故郷に戻り、父と兄の仇について、有力な情報を得た紅蓮も再び“憎悪”の炎を燃やし、馬を走らせる!!

続きを読む
  • 覇―LORD― 全 22 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    覇―LORD― 全 22 冊

    13,310円(税込)
    133pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 2010/10/03

    なんか、けっこう無茶苦茶やりながらも、呂布が徐州取りに動いたりと、上手につくってあるなぁと思ったりします。

    武論尊、やっぱり巧い。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード