太陽の黙示録 1巻

かわぐちかいじ

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

2002年8月10日、M8.8の京浜大地震が発生。都内の通信網、道路交通網などはすべて麻痺し、東京は壊滅的状態に陥った。大災害の対処に追われる民自党幹事長・柳拓磨は、箱根に滞在中の息子夫婦と孫・舷一郎の安否を確認するよう、秘書の地道行男に依頼。だが、そのころ箱根では富士山噴火の情報が流れ…!?

続きを読む
  • 太陽の黙示録 全 17 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    太陽の黙示録 全 17 冊

    10,285円(税込)
    102pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(22件)
  • 2006/12/13

    でもこの漫画はスケールのデカさが何と言ってもすごい!

    富士山の爆発で、日本各地で大地震が発生する。

    そして日本列島が京都あたりで分断され、違う国家になってしまう。

    そして片方は中国に、もう片方は...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2011/09/13

    面白かった。大震災の後にこのマンガの存在を知り読んでみたのですが、非常に興味深い内容。三国志がモチーフになっているようです(三国志は読んだことありませんが読んでみたいと思いました)
    主人公のような人間...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2011/01/08

    図書館の本

    義妹に絶対お姉さん好きですよといわれ借りてみた。
    関東で大地震がおき、その後富士山噴火。
    琵琶湖がわれ、日本が分断されてしまう。
    政治家の孫の柳舷一郎と坂巻吾郎が出会ってサバイバルを繰り...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード