黄昏流星群 60巻

弘兼憲史

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

モラルを捨てて。ようこそ、仮面の情事へ―― 還暦を機に検察官を辞めた伊坂は、友人・柿沢の弁護士事務所に籍を置くことに。妻、娘と平穏に暮らしてきた伊坂を、彼は 「会員制秘密クラブ」に誘う。顔も素性も隠した男女が、肉体だけの快楽に溺れる会―― そこで伊坂は“般若の面をつけた女”の虜になり…!? 一人の男から、一匹のオスへ… 禁断の夜が導く、意外すぎる結末とは!? 表題作のほか、弥勒菩薩がヘタレ男の恋路を応援する[弥勒の星]、とある脱獄囚、その決死の愛の轍を描く[逃亡する星] の2編を収録。極上の官能、SFコメディ、究極の“一途”…3編の愛を贅沢に収録!!

続きを読む
  • 黄昏流星群 全 62 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    黄昏流星群 全 62 巻

    37,510円(税込)
    375pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/12/29Posted by ブクログ

    「楽しき哉我が人星」、「弥勒の星」、「逃亡する星」の3部作。それぞれなかなか面白かったが、最後の「逃亡する星」が一番印象に残った。星と犯人(ホシ)をかけているようで洒落ている。刑事さんも人情味があって...

    続きを読む
[{"item_id":"A002209553","price":"605"}]

セーフモード