【最新刊】黄昏流星群 61巻

黄昏流星群

お得

61冊

弘兼憲史

605円(税込)

PayPayの特典は、PayPayボーナスライトが後日付与されます。譲渡できません。有効期限は処理日から60日です。利用するにはYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。その他注意点はこちらをご確認ください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

男女三人ぶらり鳥取。大人が自由を掴む旅! 独り暮らしの岸和田弘は退職後、時間を持て余し「見守りボランティア」を始める。認知症の酒巻紀子の自宅訪問をするようになるが、彼女が突然「本当は呆けていない」と驚きの告白。紀子に誘われ、降るような星を見るために鳥取へと秘密の旅に出る。二人は旅先で、自殺志願の若い女・有里を救い、温泉に美食に昔の恋人探訪に… と奇妙な三人旅が始まって…!? 表題作の他、兄の妻との禁断の関係を描き雑誌掲載時に話題を呼んだ「星クズの町」を収録。自分も知らない本当の自分には、年を重ねてから出会えることもある。そんな眩しい瞬間をとらえた一冊です! 鳥取の観光スポットも多数登場! 旅気分も味わえる、『黄昏流星群』史上初となる“ご当地ロードムービー”シリーズ!!

続きを読む
ページ数
208ページ
提供開始日
2019/12/26
連載誌/レーベル
ビッグコミックオリジナル
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 黄昏流星群 全 61 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    黄昏流星群 全 61 巻

    36,905円(税込)
    10,675円相当369pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.1
10
5
2
4
7
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/12/29Posted by ブクログ

    「楽しき哉我が人星」、「弥勒の星」、「逃亡する星」の3部作。それぞれなかなか面白かったが、最後の「逃亡する星」が一番印象に残った。星と犯人(ホシ)をかけているようで洒落ている。刑事さんも人情味があって...

    続きを読む
  • 2019/12/10Posted by ブクログ

    「遊星萌ゆ」東都大学教授の南原春彦は上流家庭に生まれ子供の頃から何不自由のない生活を送り齢も50歳になっていた。ある日偶然入ったメイド喫茶で知り合った金髪の少女ミューと知り合い落とした手帳を家まで届け...

    続きを読む
  • 2019/11/11Posted by ブクログ

    「武士の星空」その昔、寛政十一年(西暦1799年)大川原藩の出来事。白兼家三男の矢太郎は16才になり三日月家に養子に出されることになる。この時代の下級武士の嫡男以外の人間は、矢太郎のように家督を継ぐ子...

    続きを読む
開く

セーフモード