【最新刊】アンラッキーヤングメン 2巻

アンラッキーヤングメン
2冊

作画:藤原カムイ 原作:大塚英志

1,296円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

3億円強奪計画は意外な結果に終わり、仲間の一人は服毒自殺を図る。流されゆくままにN、T、ヨーコの3人もそれぞれ別々の道を歩むことになっていった。やがて政治の季節は終りを遂げ、事件は忘却の彼方へと消え去るのだが…。疾走する時代の中で徹底的にもがき、苦しみ、翻弄される“ツイてない奴ら”。

続きを読む
  • アンラッキーヤングメン 全 2 巻

    未購入巻をまとめて購入

    アンラッキーヤングメン 全 2 巻

    2,592円(税込)
    25pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.7
17
5
2
4
9
3
6
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/07/25Posted by ブクログ

    「アンラッキーヤングメン」は、角川書店のエセ(?)文芸誌「野生時代」に連載された作品で、作画は藤原カムイが担当している。藤原カムイは荒俣宏の「帝都大戦」や押井守の「犬狼伝説」、最近では矢作俊彦の「気分...

    続きを読む
  • 2015/07/25Posted by ブクログ

    大塚英志と藤原カムイのおそらく初めての顔合わせではないでしょうか。角川の「野生時代」というエセ文芸誌に連載されてるんですが、ストーリーはなかなか秀逸で、60年代に起こった3億円事件などの実際の事件や時...

    続きを読む
  • 2014/10/22Posted by ブクログ

    70年代青年群像。

    もっとドロドロじゃないのかねぇ現実は。せっかくの3億円事件もあまり意味をなしていないような。学生共闘の話のほうがいいな。

開く

セーフモード