【最新刊】罪深きイヤリング

罪深きイヤリング
1冊

マーガレット・ウェイ 翻訳:柿原日出子

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

最新刊を購入

カゴに追加

親族の経営するファッション関連会社で秘書として働くレオーナは、CEO代理で、一族のシンボルとあがめられるボイドに、幼いころからあこがれていた。だが、一族の末席に連なるだけの彼女には手がとどかない。しかもボイドには父親の選んだ花嫁候補がいた。ある日、彼の家で開かれたパーティで、二人は顔を合わせたが、大事件が持ちあがる。彼女の弟がボイドの義母のイヤリングを盗んだのだ。弟の罪をかぶろうとするレオーナに、ボイドは持ちかけた。「弟を警察に突きだすつもりはない。きみがぼくと結婚するなら」

続きを読む

レビュー

3
2
5
0
4
0
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/07/12Posted by ブクログ

    一族の末端に位置するヒロインは一族の跡取り息子であるヒーローに対する思いを胸に秘めていたがーー。

    設定は好みなんだけど話が無駄にごちゃごちゃしていて最後の展開が唐突すぎるしロマンス感も薄いかも。
    ...

    続きを読む
  • 2010/11/14Posted by ブクログ

    # (2010/09)
    # ISBN-10: 4596221227
    親族の経営するファッション関連会社で秘書として働くレオーナは、最高経営責任者代理で、一族のシンボルとあがめられるボイドに、幼いころか...

    続きを読む
  • 2010/10/11Posted by ブクログ

    同じ作者の「愛の形見を胸に」系。
    負の感情に囚われた人が多すぎて人間関係がドロドロしていてイマージュぽくない。周辺人物の行動にそれぞれ背景があるようだけどそれを描いていないから行動がなんだか唐突。もし...

    続きを読む

セーフモード