【最新刊】IT批評 創刊1号

IT批評
2冊

IT批評編集部

514円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

特集:プラットフォームへの意志~クラウド、SNS、モバイル、ゲーム、日本企業はルールの策定者になれるのか?~。1995年以降つづいたポストモダン的な状況を経て、ビジネス界は「プラットフォーム戦略」をもって新たな再編を目指しはじめています。日本企業が、これから始まろうとする新しい物語の主人公となるか、脇役に甘んじるかは、今、いかにヴィジョンを描けるかにかかっています。今号では、IT業界を中心にビジネスの大きな転換点となりうるプラットフォーム戦略を分析し、いかにしてプラットフォーム戦略の勝者となるための要件を考えます。<目次>平野敦士カール「プラットフォーム戦略の本質」林信行「プラットフォームクロニクルOS戦記」深川孝行「ソニー蹉跌の系譜」クロサカタツヤ「ケータイ産業はプラットフォーマーの台頭と対峙できるのか」池田紀行・池田勇人「ソーシャルメディア時代の覇権を握るのはどこか?」サイトウ・アキヒロ「任天堂はなぜ勝者となりえたのか」西田宗千佳「クラウドが「プラットフォーム」である理由」関口智嗣「発展途上のクラウド技術」伊藤洋一「日本人が知らない日本企業の能力」<インタビュー>宇野常寛「インターネットに先行したTVの想像力」

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード