魍魎の匣 2巻

原作:京極夏彦 作画:志水アキ

604円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    昭和27年。戦後刑事になった木場修太郎は、偶然列車事故に巻き込まれる。列車に轢かれた女学生の加奈子に会うため、現場にいた頼子とともに、匣の形をした建物へ向かった。売れない作家関口巽は、バラバラ連続殺人事件を取材していた。探偵榎木津礼二郎は、依頼人から人捜しを頼まれる。それぞれの事件が、やがてひとつに、京極堂こと中禅寺秋彦のもとに集約されていく─―。

    続きを読む
    • 魍魎の匣 全 5 巻

      未購入巻をまとめて購入

      魍魎の匣 全 5 巻

      3,086円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    4.3
    23
    5
    10
    4
    10
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/04/03Posted by ブクログ

      青木が想像以上にこけし  

      京極堂の薀蓄シーンをここまでわかりやすく台詞と絵におこせるってすごいと思います  
      アニメも上手だと思ったけれど  

      文字を読む漫画?

    • ネタバレ
      2012/04/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/09/17Posted by ブクログ

      原作ではヒィヒィ言わされた宗教者・霊能者・占い師・超能力者についての講釈がすごく分かりやすく噛み砕かれていた。

    開く

    セーフモード