【最新刊】リバースエッジ 大川端探偵社 10巻

リバースエッジ 大川端探偵社

作:ひじかた憂峰 画:たなか亜希夫

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大好評浅草探偵人生劇場、待望の最新刊。老若男女それぞれの、ささやかで奇妙な依頼を探偵社の面々は優しく暖かく受け入れる…。孤高の劇画原作者・ひじかた憂峰の死から一年余り――。だがその魂は生き続け、遺された原作を丹念に描いた最新作、いまだ消えぬ語り部の神髄、その全てが味わえる第10巻。

続きを読む
ページ数
173ページ
提供開始日
2019/04/27
連載誌/レーベル
ニチブンコミックス
  • リバースエッジ 大川端探偵社 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    リバースエッジ 大川端探偵社 全 10 巻

    6,050円(税込)
    60pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2016/10/09Posted by ブクログ

    第8巻。今回も全て読み切りの人間ドラマ9編を収録。

    強面の所長と村木とメグミの3人だけの大川端探偵社に持ち込まれる依頼は、いつも奇妙なものばかり。探偵社の3人は依頼人を見極めながら、依頼人の背後にあ...

    続きを読む
  • 2014/07/05Posted by ブクログ

    第五巻。巻を重ねるたびに各話のストーリーに面白さが増している。大川端探偵社の所長と調査員の村木、メグミの三人が依頼人の抱える悩みや問題の深淵に迫り、歪んだ現代社会を鋭く抉る。

    『ハニートラップ』『ト...

    続きを読む
  • 2013/02/23Posted by ブクログ

    ひじかた憂峰という原作者は元狩撫麻礼である。個人的な好みで関川夏央氏とともに大好きな方であったが、なぜか二人共「いしかわじゅん」氏と関わりあう事で厭世的になられた。まあここらへんを語ると字数制限にかか...

    続きを読む
開く

セーフモード