【最新刊】出口のない海

出口のない海

横山秀夫

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第二次世界大戦の終戦前に展開されていた。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗を決意したのか。命の重みとは、青春の哀しみとは――。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2010/08/06
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューコメント(258件)
    • 出口のない海
      2015/11/24

      戦争のために、夢を持つことさえ許されなかった時代。
      ただ、仲間たちと野球をしたい。
      そんな些細な夢さえも、同じ年頃の若者が戦地で次々死んでいく中で野球を続けることの罪悪感や、自分も早く後に続かなければ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 出口のない海
      2010/08/19

      夏。戦争と高校野球が交錯する。

      広島、長崎の平和式典と全国戦没者追悼式。涙、癒えることのない記憶…65年前の惨劇を二度と繰り返さないようにと誓いを新たにする。

      甲子園。さわやかな汗と晴天…ブラスバ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 出口のない海
      2014/09/06

      人間魚雷回天。
      こんなことが実際に実行されていたのかとこの本を読んで初めて知ることができた。
      戦争については、知らないことが多すぎる。
      無知な自分が恥ずかしくなる。
      この本のラストにあるように、回天の...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード