【完結済み】新・味いちもんめ 1巻

新・味いちもんめ

完結

21冊

倉田よしみ 原案:あべ善太 シナリオ協力:福田幸江

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「藤村」から西新橋の料亭「桜花楼」に移った伊橋。合理主義を唱える副社長兼“立板”のやり方に戸惑いと憤りを感じつつも“起爆剤”として奮闘中。ある日のこと、仕事を終えた伊橋は、熊野の部屋に呼び出された。熊野によると、彼が修行時代に世話になった西新橋の老舗料亭「桜花楼」が、腕の立つ板前を助っ人に求めているという。先代への義理もあり、また、伊橋に頼りきりの渡辺をひとりだちさせたいとも思っていた熊野は、伊橋に“助”に行くよう持ちかける。話を聞いた伊橋は、これも修行のうち、と「桜花楼」に行くことを決意するが、その「桜花楼」の板場は、イビツな構図が支配していて……?

    続きを読む
    ページ数
    213ページ
    提供開始日
    2010/07/30
    連載誌/レーベル
    ビッグコミックスペリオール
    出版社
    小学館
    ジャンル
    青年マンガ
    • 新・味いちもんめ 全 21 巻

      未購入巻をまとめて購入

      新・味いちもんめ 全 21 巻

      12,705円(税込)
      127pt獲得

    レビュー

    1
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/07/30ひらりん
      読後感が悪すぎる

      原作者が亡くなると同時に作品も死んだのだと痛感させられました。
      原作は殆どの話が丸く収まり明るい作風で、次が読みたくなる不思議な魅力がありました。
      新作から先はダメです。
      底意地の悪いキャラクターばか...

      続きを読む

    セーフモード