日露戦争物語 18巻

江川達也

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    緊迫する日清黄海海戦。日本側は旗艦「松島」が大破するも、清国艦隊旗艦「定遠」に大ダメージを与えて速力を奪うことに成功する。一方、「定遠」が炎上するや「済遠」艦長・方伯謙は、艦隊温存のため戦場離脱を決断。それに導かれて他の艦も逃走を始める中、「鎮遠」だけは残された「定遠」に合わせて速度を落とし、日本艦隊を待ち構える。

    続きを読む
    • 日露戦争物語 全 22 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      日露戦争物語 全 22 巻

      13,310円(税込)
      133pt獲得

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2008/08/27Posted by ブクログ

      なぜかこの巻には、ちょっとおもしろさを感じてしまった。不覚にも……。いや、なんでだろう。

      物語の否定。
      それを物語でする。

      でも、江川達也自身が、物語を自分の主張にあわせてねじ曲げてきた人ではない...

      続きを読む
    • 2006/09/05Posted by ブクログ

      黄海海戦終了。批評する大人真之のビジュアルがかっこいいです。小笠原長生と佐藤鉄太郎の友情シーンが目玉といえば目玉。

    セーフモード