やおろず 後編

古戸マチコ イラスト:裕龍ながれ

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ここはひとつ、逃避行と洒落込もうじゃないか」祖母の死をきっかけに、八百万の神様たちが見えるようになってしまったごく普通の女の子、高原澄香。それ以来、ワンルームでの気ままな一人暮らしは一変。料理を作れば偏屈なかまどの神になじられて、トイレに行くと甘えん坊な便所の神に引き止められる。おまけに道祖神ミチカタやら、サラリーマン風の鬼やらひな人形の神やら、呼んでもいないのに次から次へと珍客が現れて、バイト先ではちょっとおかしなオカルト青年とひと悶着…。高原澄香の家を護ってくれるはずの家神は、なんだかいつもヤル気なしで、結局高原澄香が奔走する羽目に。なんとかして神様たちを追い出し、静かで平穏な日常を取り戻したいと思う高原澄香だが、ひょんなことから、家神のある秘密を知ってしまい…!?

    続きを読む
    • やおろず 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      やおろず 全 2 巻

      1,100円(税込)
      11pt獲得

    レビュー

    3.5
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/12/14Posted by ブクログ

      1巻に引き続きやおろず2巻です。
      1巻のようにばたばた巻は落ち着いているものの主人公のスミカと家神様との切ない別れの話が主になってきます。
      1巻に比べると出会いと別れのテーマみたいな感じで話が進んでい...

      続きを読む
    • 2009/04/24Posted by ブクログ

      ネット小説家さんの書き下ろし本。
      やおよろずの神々が見える女の子の話。

      うーん。
      この作者さんのネット小説時代の話がすごい好きだったのだけれど、なぜか書籍化する本は目が読み進まない。
      なぜだろうと思...

      続きを読む

    セーフモード