【完結済み】魔女 1巻

魔女

完結

2冊

五十嵐大介

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    強く、儚く、螺旋を描く満たされぬ想い。そして人々は未知なるものを求め、魂の世界へと誘われゆく…。幻想と恐怖が、大いなるイマジネーションによって解き放たれる連作短編。30年前・アジア西端の小国。その首都に滞在する英国人の少女ニコラは、バザールで働く青年ミマールに恋するが、結局は彼に振り向かれることなく帰国した。だが、自尊心の高いニコラは屈辱をずっと忘れず、富と名声、そして“世界の秘密”を手に入れた後、“力”を使いバザールの相談役たちを怪死させる事件を引き起こす。ニコラの復讐の魔の手は、次いでミマールの愛する孫娘・ハセキへと…。

    続きを読む
    ページ数
    191ページ
    提供開始日
    2010/06/25
    連載誌/レーベル
    IKKIコミックス
    出版社
    小学館
    ジャンル
    青年マンガ
    • 魔女 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      魔女 全 2 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    4.3
    39
    5
    21
    4
    10
    3
    8
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/09/10Posted by ブクログ

      強大な力を持つ乙女達の短編集。
      人が操る事の出来ない強大な世界への畏怖と尊敬、人の愛が齎す狂気、人の残虐さ。剣と魔法の世界ではなく、現代の傍らにあるファンタジー。読み終えた時、その星の瞬き、大きな森の...

      続きを読む
    • 2013/11/27Posted by ブクログ

      五十嵐大介、好きになりました。
      ストーリーと言葉と絵がいい。

      魔女は無限の世界に生きている。
      僕らには限界がある。
      五十嵐大介はそのあいだにいる気がした。

    • 2013/02/07Posted by ブクログ

      クマリの話に人間の強欲さと資本主義の恐ろしさに震えました。こんな表現があるのかと感心させられました。

    開く

    セーフモード